« 白馬遊歩道・山野草 | トップページ | サボテン »

2007年7月23日 (月)

八方尾根自然研究路

7月17日午後より八方池を目指して・・・だがお天気がだんだんと最悪の状態となったが皆元気に身支度整え出かける。
11_23 

12_22 第二ケルンにはこんな標があった。
「息(アスム)ケルン
昭和12年12月26日長男息猛吹雪の為遭難永眠す。記念としてこの指導の標を建立す。
昭和13年10月父西阪保沼・山本惣十郎」

と標があり、合掌


111_1
八方池では雨がひどくなり白馬連邦は見ることは出来なかったが足元には「チシマキキョウ」私たちを迎えてくれ心が癒された。
112
                             チシマキキョウ
113
                         八方尾根で見る「ユキワリソウ」
悪天候の中健気に咲く山野草に私たちも元気を貰って下山した。

|

« 白馬遊歩道・山野草 | トップページ | サボテン »

コメント

八方池がかすかに見えていたんですね。初めてみました。写真が撮れて良かったですね。お元気な姿が浮かんできます。いい記念になるでしょう。遭難者が出るんですね。昔はゴンドラとかリフトが無かったのでしょうか。

投稿: yokko | 2007年7月30日 (月) 20時32分

yokkoさんへ
八方池を検索しますと池に写された白馬連峰でしたがこの日は最悪のお天気でかすかに見える八方池でしたが高山植物の珍しい花に出会え達成感はありました。

投稿: sachi | 2007年7月30日 (月) 21時53分

高山に咲く花はやさしい雰囲気ですね~。
行かないと見られないんですよね・・・。
きびしい天候の中、花や八方池、撮影されたの
見せていただきありがとうございました。


投稿: gura | 2007年7月31日 (火) 16時59分

guraさんへ
コメント有難うございました。お返事遅くなりました
厳しい条件で生育しておる高山独特の愛くるしいお花に出合った時は全てを忘れ只感動だけです。低地では見ることが出来ないお花から沢山パァーを貰ってきました。

投稿: sachi | 2007年8月 4日 (土) 14時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八方尾根自然研究路:

« 白馬遊歩道・山野草 | トップページ | サボテン »